Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 カイジ 福本伸行

 2009年に公開された映画カイジは、藤岡竜也と天美祐希が主演して、原作の漫画にほぼ忠実な内容で作られました。

 しかし、藤岡竜也演じる主人公伊藤カイジが熱演でしたが、漫画から受けるイメージとは違い、弱々しく、バカっぽく、頭の回転が悪そうなので、とてもギャンブルに勝てそうなイメージがありません。

 もう少し相手の読みの裏をかく、心理戦を勝ち抜いていける冷静沈着な洞察力を感じさせるキャラクターを演じてほしかったです。

 カイジはギャンブルには絶対的な自信を持っていて、それでいて人の良さでついうっかり相手に騙されてしまい、最期は相手との駆け引きを読み切って完全勝利する、こんな感じのキャラの方が合っているように思われます。

 ゲームでの駆け引きは比較的良かったのですが、鉄骨の上での恐怖心の描写が、主人公は今どこに立っているの?という感じでした。


あらすじ

 友人の連帯保証人になっていた藤原竜也演じるカイジは、闇金帝愛グループの傘下、遠藤金融の社長、天美祐希演じる遠藤凛子に借金の返済を迫られた。
 自堕落な生活を送っていたカイジに当然借金返済の資金は無く、遠藤の誘いに乗って借金返済のため、船上のギャンブルクルーズに参加する。

 船上での対戦は、カイジ同様の理由で集められた参加者全員によるジャンケンカードゲームだった。

 カイジは、山本太郎演じる参加者の一人船井譲二にお互い全部、あいこで切り抜けようと声を掛けられて騙されてしまうが、最期に機転を効かせてこの危機を乗り切ったように見えたが、光石研演じる協力者石田光司への同情により負けてしまい、帝愛の支配する地下の強制労働の現場へと送り込まれてしまう。

 地獄のようなその強制労働所を抜け出すため、カイジは更に屋上のビルとビルに渡された電流の流されている鉄骨を渡るサバイバルゲームに松山ケンイチなどの脱出希望者とともに参加する。

 命からがら渡りきったカイジを待っていたものは、これまでの借金を棒引きした残りわずかなお金でしかなかった。

 カイジは、強制労働所への逆戻りを掛けて、香川照之が演じる帝愛のナンバー1利根川幸雄と最期のカードゲーム、Eカードの対戦に挑むのだった。

映画 カイジ



Appendix

スポンサードリンク

お気に入りに追加

最近の記事

人気ブログランキング

スポンサードリンク

大手のエステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。