Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセンス 士郎正宗

 攻殻機動隊「GHOST IN THE SHELL」の続編として、2004年に公開された押井守監督のアニメ映画で、草薙素子失踪後のバトーとトグサの物語です。

 映像は、オープニング映像を含め、前作の攻殻機動隊を凌ぐ出来栄えですが、いかんせん前作の主役の草薙素子が登場しません。
 ストーリー後半で、電脳の中で生きる生命体としての草薙素子は出演しますが、アクセスしたガイノイドにあまり魅力が無いため、残念です。
 やはり草薙素子には、前作のイメージどおりで登場してもらいたかったですね。

 あと全体的にセリフ回しが難解で、一度見ただけでは何が言いたいのか良くわかりません。
 引用句がやたら多くて、そしてストーリーも現実と虚構の世界が複雑に入り組んでいるため、作品全体を分かり難くしているように思えます。

 あらすじ

 性機能の付いた女性型ガイノイド「ハダリ」が、所有者と追跡する警官などを惨殺して「助けて」の謎の言葉を残し自殺した。
 被害者の中に元の公安関係者も含まれていたため、公安9課「攻殻機動隊」のバトーとトグサが調査に乗り出す。
 
 暴力団事務所を襲撃しつつ調査を進めるバトーは、何者かに電脳をハッキングされ、自らの腕を打ち抜き更に民間人を射殺しそうになる。

 事件の黒幕がガイノイドの製造メーカーにあると察知したバトーとトグサは北方領土にある「ロクス・ソルス社」へと向かうが、2人とも電脳ハックされ、幻の中を繰り返しさ迷うこととなる。

 電脳の迷宮を草薙素子のメッセージで突破した2人は、「ハダリ」製造工場の船へと向かい、物的証拠を集めようとするが、バトーの侵入に気づいた敵が無数の「ハダリ」でバトーを殺そうとする。
 
 今や電脳の中のゴーストとして存在する草薙素子が一体の「ハダリ」にアクセスし、バトーを助けて船を支配するが、ガイノイド事件の犯人は意外な人物だった。


イノセンス




Appendix

スポンサードリンク

お気に入りに追加

最近の記事

人気ブログランキング

スポンサードリンク

大手のエステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。