Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリージア 松本次郎

 認知症の母と、浮気者の恋人と一緒に暮らしている叶ヒロシは、他人からは見えない空想の女性と常に話をしている。

 普通の人の目には、自身の殻の中に閉じこもり、行動が少し抜けている様に見える叶だが、内面には非情な人間性を宿している。

 叶ヒロシは、敵討法に基づく敵討執行代理人に就職し、空想の女性とそっくりなヒグチという女性上司の指示のもと、凶悪な溝口と新人の山田一郎との3人組みで次々と敵討を執行していく。
 
 武器は拳銃とナイフで、執行対象者には、国選警護人が警護に付くはずだが、執行代理人に買収されていて、誰も守る者はいない。
 しかし、執行対象者も国から与えられた武器を携行しており、執行人の弾数も限られているため、簡単には敵討を執行することはできない。
 凶悪な溝口は、出来るだけ残忍な方法で対象者を殺害しようとするが、新人の山田は、法律を守ろうとして、足を引っ張る。

 叶ヒロシは、自身の存在を周囲に擬態で完全に溶け込ませる特殊な能力があるため、手強い対象者を次々と冷徹に殺害していく。

 敵討法という法のもとでの合法的な殺し合いを描いたバイオレンスアクション漫画で、凶悪な殺人者と非情な執行人との戦いという設定で、殺人に対する道徳的な観念を排除している。

 松本次郎の他の作品には、「ウエンディ」、「熱帯のシトロン」、「未開の惑星」、「ゆれつづける」、「革命家の午後」、「善良なる異端の街」、「べっちんとまんだら」など。

フリージア



革命家の午後



善良なる異端の街



べっちんとまんだら



Appendix

スポンサードリンク

お気に入りに追加

最近の記事

人気ブログランキング

スポンサードリンク

大手のエステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。