Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴドー 三山のぼる

 とにかく三山のぼる氏の描く女性は色っぽくて皆美人です。

 ゴドーの大まかなあらすじは次の通りです。

 反物質のエネルギーを手に入れ、地底探査に出かけた8人の男女を残し、地上の世界では巨大な反物質の対消滅エネルギーによって全ての人類は滅亡してしまっていた。

 生き残った男女はやがて子孫(ゴドーとフレイヤ)を生んだ後に人工冬眠に入る。
 
 やがて地表は、滅亡前の人類が残した昆虫との遺伝子交合による昆虫人間が支配する世界となっていた。
 人口冬眠した隊員は、昆虫人間に殺され、ゴドーとフレイヤだけは昆虫人間の手によって育てられた。

 やがて成人したゴドーとフレイヤは昆虫人間との戦いを通じて数々の敵を倒し、やがて迫りくる再度の反物質による人類滅亡の危機に立ち向かっていく。

 SFスペクタクルで、昆虫を模した独特の世界観が興味深いです。

 三山のぼる氏の他の作品としては、「ブリキ細工のトタン屋根」、「女フィスト(メフィスト)」、「幸福ブイヨン」、「カンタリス」、「シャイ・ニング」、「RAT(ラット)」、「トップ・スピン」、「用心棒売ります」、「ピカイチ」、「燃える秋」、「骨董屋優子」、「カンブリアン」、「麗羅」、「ファウストの女神」、「紅嵐」などがあります。



ゴドー

ゴドー


ブリキ細工のトタン屋根



女フィスト



ピカイチ




カンブリアン



麗羅



紅嵐



Appendix

スポンサードリンク

お気に入りに追加

最近の記事

人気ブログランキング

スポンサードリンク

大手のエステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。