Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画選びの参考に

 漫画選びの参考になればと、このブログを書いています。

 手っ取り早く立ち読みをしたい方は、楽天ダウンロードで立ち読みしましょう。
 
楽天ダウンロード
は、ダウンロードコミックのお試し版で、約14,000作品の最初の10ページから50ページくらいを無料で読むことができます。
 漫画の他に、グラビア動画書籍音楽なども一部無料で利用できます。

 但し、利用するには楽天の会員に無料登録しなければなりません。
 以前に楽天で買い物をしたことがある人ならば、すでに登録済です。

 また漫画を立ち読みするためには、そのページにある無料のソフトebi.BookReader3Jをインストールする必要があります。
 最初の1回だけインストールすれば、後は大丈夫です。
 漫画は保存もできますが、保存したくない場合は、ダウンロード後に保存ではなく、開くの方だけを選んで立ち読みだけをすることもできます。

 他の漫画サイトを見たい方はこちらから⇒人気ブログランキングへ

トラックバックテーマ 第988回「固形石鹸、液体石鹸、どっちが好き?」

トラックバックテーマ 第988回「固形石鹸、液体石鹸、どっちが好き?」


ホテルや旅館、スパなどでは、やはり液体石鹸の方が気分良く使えます。

固形石鹸だと、誰がその前に直接使ったのかわからないので、何となく気がひけます。

またお湯が溜まっていたりすると、半分溶けかかっていたりして、嫌な感じですし、石鹸置き場から洗い場の床に落ちていたりすると使う気が失せます。

自宅だと、逆に固形石鹸の方が直接体をこすったりできるので良い感じですね。

最近は、いろいろと多機能な石鹸も出回っているみたいですね。

オンナの欲望を叶える石けん!


犬夜叉 最終回 高橋留美子

 今から約500年前の戦国時代の日本。

 そこでは、あらゆる願いを叶えるという宝玉の四魂の玉を巡って、人間と妖怪の宝玉の争奪戦が続いていた。
 四魂の玉を守る巫女の桔梗は、半妖の犬夜叉に恋心を抱いていた。

 しかし、奈落は、犬夜叉と桔梗を罠にはめてお互いに裏切るように仕向け、弥勒一族に風穴の呪いをかけた。
 桔梗は、玉を奪った犬夜叉を最後の力で封印し、自分もまた力尽きる。
 遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、四魂の玉はこの世から消え去った。

 そして500年後。
 現代の日本でごく普通に暮らす中学3年生の神社の娘、日暮かごめは、15歳の誕生日に神社の祠にある古びた井戸から突然戦国時代にタイムスリップしてしまった。

 そこは犬夜叉が封印され、桔梗が死んでから50年が経過した時代であった。

 そして、そこで日暮かごめは桔梗の生まれ変わりとなり、かごめの体内からは再び四魂の玉が現れ、そして犬夜叉は再び蘇り、かごめは半妖の少年、犬夜叉と出会う。

続きを読む

マンガで分かる心療内科 ゆうきゆう・ソウ

 もはや現代病の感のある精神疾患ですが、ともすると暗くなりがちな精神疾患を、漫画という媒体を使い、ユーモアたっぷりに明るく解説しています。
 これこそ大人の漫画と言えるのではないでしょうか。
 
 もともとは、ゆうメンタルクリニックのホームページに掲載されている漫画で、現在でも次の内容が無料で読めます。

 第一回 「適応障害って何ですか?」
 第二回 「うつって何ですか?」
 第三回 「EDって何ですか?」
 第四回 「不眠って何ですか?」
 第五回 「周りの人が『うつ』になったら?」
 第六回 「露出症の治療~どこからが病気?」
 第七回 「妄想の人に、どう接するべき?」
 第八回 「あなたが『うつ』か、分かっちゃうクイズ」
 第九回 「『うつ』って、うつるの?」
 第十回 「認知症…あなたの知能は大丈夫?」
 第十一回 「フェティシズムはどこから病気?」
 第十二回 「ネコは緑色だから卑弥呼だ」
 第十三回 「実は男は、女になりたい?」
 第十四回 「1/5の確率で、精神疾患?」
 第十五回 「ロリコンは、どこから病気なの?」
 第十六回 「心のEDを改善する方法」
 第十七回 「3つの妄想は、うつの危険信号?」
 特別編 「ゆうメンタルクリニック池袋へのアクセスマンガ」
 第十八回 「幻聴を消す4つの方法」
 第十九回「90%の正確さで、『うつ』が診断できるテスト CES-D」
 第二十回「抗うつ薬って、どうして効くの?~SSRI」
 第二十一回「パニック障害や広場恐怖って何ですか?」

 現代のストレス社会では、職場でのストレスや、地域社会でのストレス、家庭内でのストレスなど、さまざまなストレスにより、心の変調を訴える人が年々増えています。

 心の病気は1人で悩まずに、症状の軽い内に診療内科や精神科などの専門医の治療を受診することが、大切です。
 虫歯や腹痛であれば、病院で診療してもらうことに、さして抵抗はありませんが、こと心の病気となると、なかなかお医者さんの門をたたくことがためらわれるのが実情ではないでしょうか。

 しかし、虫歯が放置して治らないように、心の病気も自己流で解決しようとすることは危険です。

 このような明るい漫画で解説してくれる診療内科ならば、比較的気軽に受診することができるのではないでしょうか。

 この漫画を読んで、少しでも気になる症状のある方は、心療内科や精神科に相談してみるのも良いのではないでしょうか。


マンガで分かる心療内科


サンジ ワンピース 尾田栄一郎

 尾田栄一郎の漫画、ワンピースに登場するサンジは主人公のルフィに次いで人気の高いキャラクターで、金髪に黒のスーツ姿で、くわえたばこが特徴の、まるでホストクラブのホストのようなスタイルで、左目を垂らした前髪で隠しています。

 長身、細身、金髪、長髪、くわえたばことクールな表情などが、今風の流行の男性像と合致して人気が高いようです。

 職業設定は、元「バラティエ」の副料理長で、料理の腕は超一流ですが、くわえたばこの風貌と料理人はアンマッチなイメージで、そこがまた一つの魅力なのかも知れません。

 サンジは、世界中の海の食材が集まる伝説の海“ オールブルー”を夢見てルフィの船に乗りこんでいます。

 攻撃は主にゼフ直伝のキックで、その攻撃力は強烈で、4~5人を一度にフッとばし、その自己犠牲的な騎士道精神は、麦わら海賊団の主力戦力となっています。

 また美女に目がない女好きで、美女を見るとメロメロになり口説かずにはいられず、色仕掛けには必ず引っかかってしまいます。
 話し言葉が悪く、口癖はクソです。

 サンジの画像はこちらから。

 サンジの動画はこちらから。

 ワンピースの試し読みはこちらから。

 ワンピースの公式サイトはこちらから。

 尾田栄一郎のその他の作品としては、WANTED、CROSS EPOCHなどがあります。

 
ワンピース


 
WANTED



新劇場版エヴァンゲリヲン 庵野秀明

 新劇場版エヴァンゲリヲン破が2009年の劇場公開からついに2010年5月、DVDで販売開始されました。
 DVD販売に際して、1000か所以上の修正を加え、新たなシーンも追加されているので、映画館で新劇場版エヴァンゲリヲン破を観た人もまた新たに楽しめる作品になっています。

 目を見張るのは、やはり3DCGをベースとした映像の美しさと動画の滑らかな動きです。

 特に使徒の姿は、色彩的にも美しく、またその姿形もそれぞれに特徴的で美しいフォルムのものが多く登場します。

 水飲み鳥の玩具のような形状の、第7使徒が歩く水面の氷の結晶の描写や、第8使徒が変形した後の、鳥よけバルーンの目玉の模様に似た部分の色彩の動きや、同じく第8使徒のヒトデの腕の様な部分にあるラッパを吹くヒト型の様な触手の動きなど、アイデア満載です。

 本作は、2007年に公開された、新劇場版エヴァンゲリヲン序に続く第2作目として位置付けられていますが、ストーリー展開はテレビシリーズやコミック版とは大きくかけ離れて、まさに「破」として全く新たな展開を見せています。

 タイトルの序、破は、日本の古典芸能や武術に由来する「序破急」から取ったもので、序は緩やかな導入部、破は内容豊かな展開部、急は急テンポの終章に相当する、物語の三段構成を意味しています。

 なお新劇場版エヴァンゲリヲンの3作目は、「急」ではなくて「Q」として、DVDの最期に予告編として入っています。

 その予告編「Q」では、碇シンジが搭乗したまま綾波レイと融合したエヴァンゲリヲン初号機が起しかけているサードインパクトを、渚カヲルが搭乗したエヴァンゲリヲンMark.06が月面から飛来して、槍状の武器で初号機を貫くことにより防ぐシーンが入っています。
 また第9使徒に浸食された式波・アスカ・ラングレーも、黒い眼帯を付けて元気に登場しており、次回作が今から期待されます。

続きを読む

映画 カイジ 福本伸行

 2009年に公開された映画カイジは、藤岡竜也と天美祐希が主演して、原作の漫画にほぼ忠実な内容で作られました。

 しかし、藤岡竜也演じる主人公伊藤カイジが熱演でしたが、漫画から受けるイメージとは違い、弱々しく、バカっぽく、頭の回転が悪そうなので、とてもギャンブルに勝てそうなイメージがありません。

 もう少し相手の読みの裏をかく、心理戦を勝ち抜いていける冷静沈着な洞察力を感じさせるキャラクターを演じてほしかったです。

 カイジはギャンブルには絶対的な自信を持っていて、それでいて人の良さでついうっかり相手に騙されてしまい、最期は相手との駆け引きを読み切って完全勝利する、こんな感じのキャラの方が合っているように思われます。

 ゲームでの駆け引きは比較的良かったのですが、鉄骨の上での恐怖心の描写が、主人公は今どこに立っているの?という感じでした。

続きを読む

アヴァロン 押井守

 アニメ映画監督の押井守監督が実写とCGの組み合わせにより、仮想現実での戦いを描いた2001年の作品です。

 全体的に映像をセピア色のトーンにしてあり、実写とCGの差を少なく抑えることに成功していますが、そのため古めかしく重苦しい世界観となっています。
 
 最終ステージでは、それまでの色調がガラッと変わり、現代社会を上手く表現していますが、オペラの長回しのシーン等は、多少しつこい感じも受けます。
 またアヴァロンのテーマソングのさびの部分は覚えやすく、耳に残ります。

 舞台は近未来のヨーロッパ。
 
 人々は、アヴァロンという名のオンラインゲームに熱中していた。
 プレイヤー達は、個室の椅子に横になり、頭部を覆う専用端末を介してアヴァロンの仮想現実空間に接続し、単独またはパーティを組んで、実在の武器や兵器を用いて戦う。

 ゲーム中でランクに応じたミッションをこなすことで、現実世界で使えるお金を得ることが出来るが、逆にゲーム中に死亡すると、本人にもダメージが及び、最終ステージではゲームから抜け出せなくなる人間を生み出すこともあるゲームだった。

続きを読む

映画ファイナルファンタジー 坂口博信

 2001年に公開された映画ファイナルファンタジーは、ゲームの内容とは無関係ですが、当時のスクウェアのスタッフがハリウッドと手を組んで、総製作費167億円をかけて製作したオール3DCG映画で、当時としては画期的な映画でしたが、興行的には大失敗の映画です。

 ただ、今見返してみてもその3DCGの技術は素晴らしく、超一流のレベルであることが一目で解ります。

 興行的に失敗した原因ですが、一つには映画ファイナルファンタジーが目指した3DCGが、現実の人間により近付けようとした点にあるような気がします。

 現実の人間に似れば似るほど、登場人物が3DCGである必要性が薄れて行ったのではないでしょうか。
 もちろん戦闘シーンなどのスペクタクルシーンでは、3DCGの意義が大いに発揮されますが、通常の会話場面等では、どうしても3DCGの不自然さや何となくぎこちない動きなどが目立ってしまい、マイナス効果をもたらしたのかも知れません。

非常にもったいない作品と言えるのではないでしょうか。

続きを読む

イノセンス 士郎正宗

 攻殻機動隊「GHOST IN THE SHELL」の続編として、2004年に公開された押井守監督のアニメ映画で、草薙素子失踪後のバトーとトグサの物語です。

 映像は、オープニング映像を含め、前作の攻殻機動隊を凌ぐ出来栄えですが、いかんせん前作の主役の草薙素子が登場しません。
 ストーリー後半で、電脳の中で生きる生命体としての草薙素子は出演しますが、アクセスしたガイノイドにあまり魅力が無いため、残念です。
 やはり草薙素子には、前作のイメージどおりで登場してもらいたかったですね。

 あと全体的にセリフ回しが難解で、一度見ただけでは何が言いたいのか良くわかりません。
 引用句がやたら多くて、そしてストーリーも現実と虚構の世界が複雑に入り組んでいるため、作品全体を分かり難くしているように思えます。

続きを読む

Appendix

スポンサードリンク

お気に入りに追加

最近の記事

人気ブログランキング

スポンサードリンク

大手のエステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。